筑波大学生活支援学研究室


カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ] キーワード: 発達障害 バリアフリー 研究活動


212件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[194] トーゴ調査報告 1

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月23日(金)02時50分2秒 41.66.249.30  通報   返信・引用

ガーナの隣国のトーゴの首都ロメで調査をしました。
経済的にはかなり貧しい国でしたが、道行く人の視線はケニア・ナイロビのような
厳しいものはなく、温かい感じでした。

ロメと言えば、ブードゥー教の呪物市場です。
知る人ぞ知る市場です。
もちろん行ってきました。

1枚目の写真は、市場の遠景。小さな店が10ぐらい並んでいる小さな市場です。
どの店もほとんど同じような物を売っています。
入場料は3000フラン(600円)、カメラの撮影料が2000フラン(400円)でした。

2枚目の写真はワニ。
3枚目はヘビ。

すごく生臭い匂いでした。でも、すぐに慣れますが。。。



[193] ガーナ調査報告 4

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月21日(水)04時34分16秒 41.66.249.30  通報   返信・引用

首都アクラの一般の人の墓地に行きました。

所狭しと、墓石が密集していました。
そこで墓守の仕事をしている(寝ている)人もたくさんいました。

2枚目の写真の墓石は、何かクネっとしていました。

3枚目のような墓石もいくつかありました。



[192] ガーナ調査報告 3

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月21日(水)04時28分16秒 41.66.249.30  通報   返信・引用

ガーナの人はとてもフレンドリーです。陽気です。

1枚目はアクラ駅にいた「運び屋」の女の子たちです。
「運び屋」はお客さんが買った品物を頭に載せて運ぶ商売をしている人です。

2枚目は市内の公園で知り合った子どもです。
何とお母さんは下の子を妊娠中で、ウェディングドレスを着た花嫁さんでした。

3枚目は友人です。



[191] ガーナ調査報告 2

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月21日(水)04時23分52秒 41.66.249.30  通報   返信・引用

ガーナの女性は何でも頭の上に載せて運びます。

物売りの女性も頭の上に商品を載せています。

タライも、水も、布も、魚も…

すごいです。



[190] ガーナ調査報告 1

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月21日(水)04時20分40秒 41.66.249.30  通報   返信・引用

カカオで有名なガーナで調査をしています。
暑いです。ものすごく。。。

ケニアよりも貧しい雰囲気ですが、
人びとの視線がケニアよりも優しいです。
何度も道を教えてもらいましたし、リュックのチャックが開いているときに
教えてもらいました。

点字ブロックはありません。
念のために首都のアクラ駅に行きましたが、ありませんでした。
1枚目と2枚目の写真です。
アクラ駅は、地元のマーケットになっていました。

障害者用駐車スペースはありました。
写真は西アフリカ最大と言われるアクラモールの駐車スペースです。



[189] ケニア調査報告 3

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月20日(火)02時04分9秒 41-139-159-150.safaricombusiness.co.ke  通報   返信・引用

大きな高級ショッピングモールの屋内型遊戯施設を見に行った。
このモールで働いている人は現地の人だけど、顧客は白人と中国人が多い。
遊戯施設で遊んでいた子どもはすべて白人だった。

街の中には点字ブロックはないが、障害者用駐車スペースはあった。
車いす使用者を見かけることはほとんどなかったが、駐車スペースには車が停まっていた。

危険なので絶対に立ち入ってはいけないとされている最大規模のスラムを遠くから見た。
私がもう少し若かったら、行っていたかもしれないなぁ。。。
行かないと何にもわからないから。



[188] ケニア調査報告 2

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月20日(火)01時53分7秒 41-139-159-150.safaricombusiness.co.ke  通報   返信・引用

ケニアの一般の人の墓地に行った。
ケニアの人はプロテスタントが4割、カソリックが3割、イスラム教が1割、残りがその他だ。
今日行った墓地は、キリスト教の墓地で、プロテスタントとカソリックが混在していた。



[187] ぎゅって4月号首都圏版 その2

投稿者: 大越和美 投稿日:2018年 3月19日(月)10時33分40秒 130.158.167.96  通報   返信・引用

「ワーママ家庭の習い事事情」
習い事の悩み相談もあります。



[186] ぎゅって4月号首都圏版

投稿者: 大越和美 投稿日:2018年 3月19日(月)10時30分1秒 130.158.167.96  通報   返信・引用

巻頭特集の「ワーママ家庭の習い事事情」で、
徳田先生が「子どもと習い事」における親の関わり方に
ついてコメントをしています。



[185] ケニア調査報告 1

投稿者: 徳田克己 投稿日:2018年 3月19日(月)10時12分34秒 130.158.167.96  通報   返信・引用

今、ケニアのナイロビでいろいろな調査をしています。
それにしても、遠かった。上海、アディスアベバを経由して、30時間ぐらいかかりまし
た。

ナイロビは治安が悪すぎます。
ナイロビでは最も安全と言われている官公庁街の良いホテルに泊まっていますが
まわりには物乞いの人、路上生活者、しつこい物売りやタクシーなどが大勢います。
目つきの悪い人もたくさんいます。
東洋人は珍しいのか、ずっと、うかがうような目つきで見られます。

ナイロビ駅に行きました。
ケニア国内で唯一、プラットホームに点字ブロックがあるからです。
しかし、すごい数の警察官とセキュリティが見回っていて、
しかもずっと監視されているので写真は撮れませんでした。
写真撮影禁止の看板があちこちにありますし。。

でも、駅舎の全体像は1枚だけ撮りました。
あと、構内にいた姉弟と一緒に写真を撮りました。

移動はすべて、ガイド兼ドライバーのローレンツさんと一緒です。
わかりやすい英語を話す、真面目な人です。

明日は郊外の墓地とショッピングモールの中にある屋内型遊戯施設の調査をします。


212件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.