teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


日曜日なら

 投稿者:琴鳴  投稿日:2018年 3月18日(日)17時35分12秒
   3/25なら夕方から(たぶん)参加できます。

 4/1なら夜(19:00)かなあ……日曜だと遅くまでは無理だろうから
間に合わないかも知れません。

 4/7は大丈夫です。花はもうないかもしれませんが。

 
 
 

ザンネン

 投稿者:東部戦線  投稿日:2018年 3月17日(土)22時11分14秒
   最寄りで休みの土曜日は4月7日です。天気予報によると、もう桜は散った頃かも。
 日曜でよければ、3月25日と4月1日。
 バイトは不便。
 

エコエコ

 投稿者:如月六日  投稿日:2018年 3月16日(金)23時22分38秒
   古賀新一さんがお亡くなりになったそうで、合掌。
 ご幼少のみぎり、『エコエコ・アザラク』でアレイスター・クロウリーの存在を知りました。
 僕が西洋魔術に興味を持つ切っ掛けを作ってくれた方のお一人です。
 心より感謝と、哀悼の意を捧げたいと思います。


>花見

 3月31日なら空いてます。
 今日は少し雨が降っているので、開花時期は若干ずれるかも知れませんが。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174670/

 

桜開花

 投稿者:東部戦線  投稿日:2018年 3月16日(金)01時41分39秒
  「お花見には来週末が良さそうです。」←早い、早すぎるよ!

https://tenki.jp/suppl/nicchoku_fuku/2018/03/15/27961.html

 

高木さんの最終回

 投稿者:如月六日  投稿日:2018年 3月10日(土)00時40分47秒
   B、Cパートは十年後と予想。

 それにしても十年後で自我のある娘がいると言うことは、大学時代に出産したのか?

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174670/

 

まさに七都市物語ののりで

 投稿者:如月六日  投稿日:2018年 3月 7日(水)23時24分20秒
   進めていただければ。
 一作品一冊。
 それで十分。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174670/

 

短編がうまいわけでもないので……

 投稿者:琴鳴  投稿日:2018年 3月 6日(火)00時06分53秒
   七都市物語は好きでしたけど……

 「アルスラーン戦記」をどうすれば傑作にできたのか、というのはお話を書くことを
趣味にする人間には面白いテーマだと思いますね。かなり難しいですが。

 あの時代に奴隷制を撤廃した時点で、蛇王関係なしにパルスは滅んでいたはずです。
 残念ながら奴隷制の方が(ある時期までは)経済的には非常に有利だったのです。
 解放王アルスラーンは、したがって早期に滅びるのは致し方ない。

 でも、そういうシチュエーションで「めでたしめでたし」を物語ることも、また
可能だったはずです。
 それをせず、「ほぼ絶滅エンド」を選んだ田中さんの気持ちもわからなくもないのです。

 告白すると、アルスラーン戦記の終わり方には共感を持ってはいるのです。

 あの終わり方は、子供の頃に読んだ「ロビンフッドの冒険」と全く同じで、年老いた
リトルジョンが死の間際に、若々しいロビンたちに再会して終わるシーンをまるで
写し取ったかのようなのです。

 子供の頃の僕は、この物語が大好きで、読み終わる哀しみと同時に、また最初から
読み直す悦びを同時に感じていました。

 終わらない物語――僕にとっては「ロビンフッドの冒険」がそれでしたが、
「アルスラーン戦記」をそのように感じる読者もきっといるのだろうと、そう思うのです。






 

タイタニア

 投稿者:如月六日  投稿日:2018年 3月 4日(日)20時33分33秒
   の時もそうでしたが、酷いもんです。
 敵役の小物臭がもう悲しくて。
 これらに比べれば、銀英伝はまだ綺麗に終わった方でしたね。
 創竜伝もほっぽらかしだし、もう長編は辞めて短編だけにすれば良いのに。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174670/

 

いま読んでますが

 投稿者:琴鳴  投稿日:2018年 2月28日(水)23時25分20秒
  「アルスラーン戦記 最終巻」

 なんだ、このやっつけ感。打ち切り漫画の最終回を1巻まるごと使ってやっているような。

 悲しいですね。あれだけ面白い小説だったのに。これなら未完で終わったほうが……

 とは言いつつ、やっぱり作者が選んだラストが何よりです。「グインサーガ」のような
進み方が良いとは思いません。(栗本先生、心残りだったろうな……)

 さあ、永野護先生も頑張れ。GTMになってから読んでませんが。




 

アルスラーン最終巻

 投稿者:如月六日  投稿日:2018年 2月19日(月)20時11分59秒
   何と言うか、何の感慨もありませんでした。
 あ、そ。
 という感じで。
 タイタニアも酷かったし。
 何とか、生きている内に終わらせたことは評価しても良いと思いました。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174670/

 

レンタル掲示板
/186