teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


テヘッ♪

 投稿者:香川愛好家  投稿日:2010年 8月26日(木)13時06分4秒
返信・引用
  ショウヘーイ
ヘイヘイ時には起こせよムーヴメント

愉しくリーディングしてたんに…

そろそろ更新するべや

って監督が言ってはったよ~

テヘッ♪
 
 

クヒオ大佐

 投稿者:さすらいGK  投稿日:2009年10月13日(火)10時14分54秒
返信・引用
  「クヒオ大佐」
http://www.kuhio-movie.com/

微笑みだけで喜怒哀楽を表現できてしまう堺雅人が、トホホな結婚詐欺師を怪演していました。

個人的には弁当屋の薄幸い女主人を演じた松雪泰子が印象に残りました。最初はミスキャストに見えたのですが、彼女とのイメージとのギャップがあるため、余計に「痛い女」感が際立ったように思います。詐欺師のウソを健気に信じ、尽くし続ける姿は、母性すら感じさせる美しさでした。

なんで、そんなしょうもないウソにひっかかるのか・・・・それをウソではなくホントにしたくて、騙され続ける。「信じたい=騙されたい」コミカルでありながら悲哀も感じさせる映画でした。
クヒオではなく、騙される女性たちが主人公だったように思います。

主題歌も良かったです。
ひたすら「女性を見る」「いい女」と繰り返す歌詞なのですが、横山剣が伸びやかに歌うと、素晴らしい歌詞に聞こえてきます。

「VIVA女性」クレイジーケンバンド
http://www.youtube.com/watch?v=DWDhDdOsLdA
 

さすらい君

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 9月26日(土)18時26分22秒
返信・引用
  なかなか良い映画を観たようだね( ̄∇ ̄)


僕もTVでその映画の概要を見ました。

そして、高杉晋作の格言、正にその通りだと思いますo(^-^)o

世の中、面白くないことやつまらないこと、辛いことばかりです。

でも、それを耐えて踏ん張った時、ようやくホンモノの「充実感」を味わえるのではないでしょうか。


いっぱい苦しいこと、辛いことを経験しましょう。
そこから這い上がったとき、新たな彩りがあなたに加えられる。

なんか詩的ですね(笑)
 

南極料理人

 投稿者:さすらいGK  投稿日:2009年 9月24日(木)14時30分40秒
返信・引用
  南極料理人
http://nankyoku-ryori.com/


「面白うもなきことを面白く」
高杉晋作


退屈かつ過酷極まりない南極観測基地での生活を
観測隊の料理人の目を通してユーモラスに描きます。
人間らしく生きるためには、日々の食事、食卓は大切なものだな
と感じました。

食事のシーンが非常に多く、空腹で観るには辛い映画です。
 

読書っしょ☆

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 9月19日(土)16時47分51秒
返信・引用
  さぶ  山本周五郎


今読み終えた。とても面白かった。皆にも一度は読んで欲しいよ☆


人間は1人じゃ生きていけない。
誰かの役に立つ為の努力が必要。
 

レインマンを観た

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 9月19日(土)16時44分8秒
返信・引用
  洋画。


さっちさん、しばじさんオススメの映画。


僕にはそこまでグッと来るものはなかったです(>_<)

面白い映画ではあったけれども。
 

本を今読み終えた

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 9月13日(日)19時17分0秒
返信・引用
  風の歌を聴け 村上春樹


村上春樹の作品を少しずつ読破し始めた今日この頃。


この作品は彼のデビュー作である。


彼の作品を読み始めて思ったことが幾つかある。

彼は「人間にはいつか別れが来る」ことをよく描く。


そして、登場人物たちの会話の理解レベルが異質である。物事を見る角度が現実では体験出来ないレベルである。


そういう会話がこの現実世界で行われたらどういう世界が見えるのだろう……そんなことを私は今考えている。
 

今日の映画

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 8月11日(火)01時07分58秒
返信・引用
  ぼくの神様


洋画。ナチスの迫害から逃れるためにユダヤ人の少年はポーランドへ行くことになる。


ナチスがらみは必然的に宗教絡みの話になる。


カラマーゾフの兄弟を読んでいるときと似た感覚がこの映画にはあった。
 

クリクリのいた夏!

 投稿者:えむよ  投稿日:2009年 8月 2日(日)23時38分38秒
返信・引用
  私の大好きな映画のひとつです!

いいよな~☆

http://masagraphy.exblog.jp/

 

かずやさん

 投稿者:しょーへい  投稿日:2009年 8月 2日(日)01時11分42秒
返信・引用
  僕は本で読みました。

本はドキュメンタリーでした。

だからストーリー性は全くなかったです。

でも、これでもかってくらい生々しく描かれていました。

僕の考えは、今のところ僕にできる事はほぼないに等しいって事です。
募金しても、それが何パーセントくらいちゃんと使われているのかも分からない。

今は自分や近くのことで一杯一杯です。
昔はボランティアに近い事をやりたいと思ったけど、今はそれだけじゃない。

学生の視点はどうしても甘い。ましてや日本では。

現在の目標は、色んなことをバランスよく鍛える事です。もちろんボランティア関係のことも勉強しつつ。
その先に見えるものは何なのか?!
分からないけど、僕はどんどん成長していってる気がします。

とにかく最近自分が好きだ。
 

レンタル掲示板
/6