teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


読書会

 投稿者:choco  投稿日:2010年 3月11日(木)22時33分46秒
  ごぶさたしております。
1月は「いく」2月は「にげる」3月は「さる」の通り、
あっという間に3月になりました。
この間の読書会報告に、次回は「医学のたまご」です。
と書いたのに、もうとっくに終わってしまいました。
横書きの本ということで、抵抗のある参加者もいらっしゃいましたが、
内容はとてもおもしろく、医学の世界が覗けて楽しめたわ(^^)
と、好評でした。

3月は「床下の小人たち」(メアリー・ノートン/岩波書店)でした。
夏休みに公開のスタジオジブリの新作アニメの原作です。
借りくらしの生活は、私達人間にもいえる事でもあるし、
閉ざされた空間での暮らしの息苦しさは今でも通じる物があるなど、
いろいろな意見が出ました。
どんな風に映像化されていくのか楽しみですね。

今年度もいろいろな本を読み、1冊の本から
いろいろな角度からの皆さんの感想やお話を聞くことができ、
とてもよい読書会でした(^▽^)
来月からも楽しみです。
 
 

今月の読書会

 投稿者:choco  投稿日:2010年 1月18日(月)00時34分36秒
編集済
  もうすっかり、いつも通りの生活です。
寒さも厳しくなっています。皆様、風邪など体調にお気をつけくださいね。

さて、今月も読書会が終わりました。テキストは、
「ぼくと1ルピーの神様」(ヴィカス・スワラップ著 ランダムハウス講談社)でした。
去年のアカデミー作品賞の「スラムドッグ$ミリオネア」の原作です。
映画と原作では、内容の違いも多かったのですが、どちらも
インドの子どもたちの貧困について、考えされらる内容でした。
今の日本の子ども達の貧困や格差や虐待など、いろいろな事にまで
話が広がりました。

来月は、「医学のたまご」(海道尊 理論社)です。
がらっと変わった内容で、今から楽しみです。
 

今年もよろしくお願いいたします

 投稿者:choco  投稿日:2010年 1月 3日(日)00時12分20秒
  あけまして おめでとう ございます
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

長い間コメントも書けず、年が明けてしまいました。
読書会は無事に終わり、
12月は「ハイジ」でした。超有名アニメの原作です。
アニメが意外と丁寧に原作を大事に映像化していたこと、
原作は、神様の存在が大きく、おじいさんがハイジによって
影響されて変わっていく様子が詳しく書かれていました。
素直でまっすぐなハイジの様子に「涙が出たわ~(TOT)」
との感想もありました。
ぜひ、今の子どもたちにも読んでもらいたいです。
字も大きく、読みやすいのに、なかなか手に取られない1冊です。

○おひさまさん
ご無沙汰しております。またぜひお会いしたいです。
今年はその機会があるといいですね(^^)
また、HPにもお邪魔しますね。

○まめこさん
今年は「国民読書年」なのですね。本当に私たちに何か
できることがあり、それが実を結ぶようにできればいいと思います。
 

はつ春

 投稿者:おひさま  投稿日:2010年 1月 2日(土)12時29分7秒
  明けまして おめでとう ございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

蛍さん、お元気そうでなによりです。
まめこさん、いつもありがとうございます。
chocoさん、ご無沙汰しておりますが、またお会いしたいです。

http://nigiyakatibi.hp.infoseek.co.jp/

 

新年のごあいさつ

 投稿者:まめこ  投稿日:2010年 1月 2日(土)11時42分30秒
  あけましておめでとうございます。

1年たつのがあっというまでこわくなるほどです。
昨年後半は気持ちにも時間にもゆとりがなくてこちらにコメントするのもなかなかでした。
毎年思うことですが、今年はゆとりをもってすごしたいです。
今年は「国民読書年」とか…図書館としてなにができるか、いつも考えながら仕事をして
いるわたしたちには今更ですが、改めて考えるいいチャンスかもしれません。

今年もよろしくお願いします。
 

読書会報告

 投稿者:choco  投稿日:2009年10月29日(木)17時57分17秒
  もう月末ですが、今月も無事に読書会が終わりました。
今月のテキストは
「リンゴの丘のベッツィー」(ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー/徳間書店)
でした。

赤毛のアンや、大きな森の小さな家のシリーズのような雰囲気を持ちつつ、
低年齢の子どもにも読みやすいのでは、という意見がありました。

心配性でつい先回りして世話をやく大人と、
本当に必要なときにだけ手を貸す大人が出てくるのですが、
見守って成長を待ちたいが、親としてはつい先回りしてしまうわぁ(^^;)
と、意見が出て一同納得する事も…
子どもを育てるのは本当に難しいですね。
 

1Q84

 投稿者:  投稿日:2009年 9月17日(木)18時34分23秒
  『1Q84』は3巻目を現在執筆中とのことなので、今後に期待することとします。

名作であっても、まだ読んでいない作品が多いのですが、『人間失格』は随分若い頃に読んだ記憶があります。ただ、年齢や年代、読んだときの状況によって、読み方、感じ方も違うでしょうし、改めて読み返すべき作品も多いような気がします。

いつの何新聞か忘れましたけど、太宰治と松本清という同世代の作家を論じたものを読みました。「ふうん」と感心しながら読んだのですが、二人の共通項や相違点をコンパクトに記してあり、なかなか興味深かったです。


映画化といえば「ノルウェイの森」も映画化されるとのこと。私的なもっとも大切な作品のひとつなので、映画は多分観ないかな・・・。村上作品の映画化は珍しいんですけどね。

『坊ちゃん』・・・chocoさん、私も読んでいないのです。若い頃に挫折して、それっきり・・・
 

今月の読書会

 投稿者:choco  投稿日:2009年 9月10日(木)16時23分25秒
編集済
  今月も分室の児童書を読む読書会が終わりました。
児童書を読むといいながら、今月のテキストは
「人間失格」(太宰治)!!!
大人が大人の目線で読むと、環境に恵まれていながら
お酒と女の人に溺れ、自殺未遂を繰り返す内容は
ただの甘えた人であり、あれで女の人に惚れられるとは、
一体どんな所に魅力があるのか判らないわぁとの、感想がありました。

ただ、学生時代に読めば、「人前で演技し上手くやっていても、
自分の本当の姿は誰にも理解してもらえない」と、苦悩する様子は
共感でき、どっぷりはまってしまうかも。との話もありました。
横書きになったり、漫画家の表紙がついたりと、名作を味わうのとは
程遠いと思われることがいろいろありますが、若い人達が読んでくれるなら
それも良しとしなくてはね。との結論になりました。

映画化されるようなので、この作品をどんな風に映像化するのか
楽しみです。
 

この夏の読書報告

 投稿者:choco  投稿日:2009年 9月 9日(水)00時49分5秒
  ○蛍さん

「1Q84」は、重い作品なのですね。最近の本は最後まで救いのない物が
多いように思います。読み手としては、最後は希望を持って終わって欲しいと
思います。

さて、この夏は、「人間失格」を後回しにし、「坊ちゃん」を読みました。
恥ずかしながら初め読んだのですが、本当におもしろくて、びっくりしました。
日本語も難しいながら美しく、夏目漱石入門にぴったりでした。
近代の日本文学作品は「小難しい(><)」印象があり、敬遠していたのですが、
見事にひっくり返される1冊でした。少しずつ他の作品も読んでいこうと思いました。

うちの小学生の子どもにも、夏休みに読書の宿題がありました。
長い物語を読むのが苦手なので、「声にだすことばえほん」シリーズを何冊か
借りて、音読していました。
「走れメロス」「我輩は猫である」「がまの油」などなど…
音読すると響きもよくて、本人も気に入って読んでいました。
題材の選択もとても上手な気がしましたし、古典って難しいと思う前に
絵本で出会っていれば、親しみもわいて良いのかもしれないなぁと、思いました。
 

読書会

 投稿者:  投稿日:2009年 8月21日(金)17時26分27秒
  読書会のテキスト・・・幅広いですね(^^)/
『人間失格』など、昔(?)の作品も、今、読み返してみると新たな発見があって楽しいかもしれませんよ。

『1Q84』はようやく2巻目に入りました。今のところ思い気分で読み進んでいます・・・。救いはあるのだろうか?
 

読書会

 投稿者:choco  投稿日:2009年 7月10日(金)21時54分32秒
  ○蛍さん
 村上さんの新作、読み進んでますか?
 予約は出るのに本を見る機会がなく、今日はじめて実物を見ました。
 中身は気になるものの、時間があり、ゆっくり読めそうな時まで
 なかなか手は出せないかな(-_-)と、思っています。

先日、児童書を読む成人読書会がありました。
今月のテキストは「ホームレス中学生」(田村裕/ワニブックス)でした。
話題になった本ですし、映画にもテレビドラマにもなったので
既に読んでいた方がほとんどでした。
いつもなら、いろいろな方向に話がそれてしまう事も多いのですが、
熱心に本について、著者についてなど、関連の話題が盛りだくさんでした。
難しい内容ではないのに、著者の素直な人柄が感じられて好感が持てると
好評でした。
来月はお休み。9月は「人間失格」(太宰治)…(T0T)
間に合うように読めるかどうかが、今から心配です。
 

続報

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 1日(水)20時39分5秒
  村上さんの新作、まだ20ページほどしか読んでいませんが、それでもめちゃくちゃ面白い!  

村上春樹

 投稿者:  投稿日:2009年 6月19日(金)13時25分3秒
  村上春樹さんの新作が発売され、早速購入。分厚いのが2冊なのでまとめて読む時間がとれす、机の上のオブジェとなっています・・・。「銀のロバ」、好評だったようで、そちらも読んでみたいものです。  

今月の読書会

 投稿者:choco  投稿日:2009年 6月18日(木)22時07分28秒
  今月も児童書を読む成人読書会が終わりました。
テキストは『銀のロバ』(ソーニャ・ハートネット著/主婦の友社)でした。
とても好評で「掘り出し物やったわぁ(^▽^)」との意見もありました。

この著者のほかの作品は、底に流れる怖い雰囲気の不思議な物が多かったです。
装丁も綺麗な大人の感じでした。
 

ご無沙汰です

 投稿者:  投稿日:2009年 5月19日(火)20時44分30秒
  トップページのスローガン(?)が間の抜けたものになっていますね。なんとかしないと、といって、もうずいぶんになりますが・・・・・・

縞模様のパジャマの少年・・・話題になりよかった(^^)/
課題図書にも入っていましたっけ?

最近は事務所に座っている時間が少なく、電話を取ることもあまりありませんが、時間を見つけて、必要かなという情報は皆さんに流すように心がけています。
 

訂正です

 投稿者:choco  投稿日:2009年 5月14日(木)10時06分9秒
  先ほどの書き込み。
安部晴明は、安倍晴明の間違いでした。f(^^;
すみません。
 

読書会で

 投稿者:choco  投稿日:2009年 5月14日(木)09時53分51秒
  昨日は読書会がありました。テキストは
『風の陰陽師(1)』(三田村信行著/ポプラ社)でした。
安部晴明の少年時代を描いた本でした。全4巻あり、読みやすい割りに
読み応えもあり、なかなか好評でした(^^)

その時に、以前この掲示板にも出ていた
『縞模様のパジャマの少年』(ジョン・ボイン著/岩波書店)が話題になりました。
今年の高校生向けの読書感想文の課題図書に選ばれましたね。
主人公は10歳くらいの男の子でしたが、同じ年くらいの子ども達では理解しにくいと
思っていたので、納得しました。

映画化されるようで、キャスト、監督ともよい人らしく、
「いい映画になりそうよ。」との事でした。
本もあるのねぇと言われていたので、もう少し所蔵が増えれば、読書会のテキストにも
いいかなと思っています。
 

頑張って

 投稿者:サンダーバード1号  投稿日:2009年 4月12日(日)20時41分52秒
  お久しぶりです。システムが変わると戸惑うことばかりで。別にあわてる必要のないわたしまで混乱する事も多くあります。
蛍さん。問合せは内々で解決してるみたいですよ。氷室分室の電話は鳴りっばなしみたいです。
 

まだまだこれから

 投稿者:choco  投稿日:2009年 4月11日(土)20時53分28秒
  なんとかコンピュータでの貸出が始まりましたo(^▽^)o
なかなか段取りよく出来ずに戸惑っている感じです。
もう少し慣れれば、いろいろなことが出来そうな気がします。

◯蛍さん
じつは、電話したい事がたくさんあるんですよ~。
直接聞く方が良いかもと、メモってます_φ( ̄ー ̄ )
月末にお願いします。
 

全線開通

 投稿者:  投稿日:2009年 4月 6日(月)19時12分7秒
  コンピュータが入って以降、電話とファックスが驚くくらい静かです。問い合わせの電話がたくさんかかるだろうと思っていたのですが、たま~の呼び出し音にびっくりするくらいで・・・。で、電話に出たら、「貸出カード送ってください」といった感じです(^^)/  

いよいよ

 投稿者:choco  投稿日:2009年 3月26日(木)23時05分15秒
  本当にもうすぐ図書館全てが、ひとつのシステムで繋がりますね。
便利になり、楽しみな気持ちと、不安な気持ちが入り混じっています。
より多くの利用者の方がより便利に図書館を利用してもらえるように、
スキルアップしなくてはと、思っています(T ^ T)
 

まもなく

 投稿者:  投稿日:2009年 3月23日(月)18時46分54秒
  HPの更新状況にかわりはありませんが、コンピュータ未導入分室の最開室(4月1日)は確実に迫りつつあります。市内の図書館施設のがすべて図書館電算システムで統一され、その後の利用状況がどうなって行くのか・・・。

事前登録のデータ分析も5月には説明できるかと思いますが、なかなか興味深いものになりそうです。

HPが更新できていないにも関わらず、近く向こう一年間の更新手続きに入る予定です。
 

いよいよ

 投稿者:  投稿日:2009年 2月 6日(金)19時14分14秒
  HPを作っていたパソコンが壊れたままで、まったく更新できない中、状況は刻々と変わり、いよいよコンピュータ導入が決まり、事前登録も始まりました(^^)/  

あけましておめでとうございます

 投稿者:choco  投稿日:2009年 1月 6日(火)00時05分29秒
  とうとう今年も仕事が始まりました(^^)
いろいろと慌しくなりそうですが、一歩一歩確実に
頑張りたいと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m
 

新年

 投稿者:  投稿日:2009年 1月 4日(日)18時33分31秒
  遅まきながら新年明けましておめでとうございます。
長い休みをいただきまして、まだまだ正月ぼけですが、明日から仕事・・・
今年はしばらくばたばたしそうですが、頑張っていきましょう!
 

良いお年を…

 投稿者:choco  投稿日:2008年12月29日(月)20時35分26秒
  今年も1年間お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎え下さいm(__)m
 

チャレンジ

 投稿者:  投稿日:2008年12月11日(木)20時04分50秒
  先日は保育所でのおはなし会。
拍子木を叩きながらの前口上に続いて、オリジナルのくるくる回るからくり絵本、そして大型絵本は先日の研修成果をと「ぴょーん」、そして大型紙芝居の「でんしゃにのって」をやりました。

賑やかな前口上の割にはからくり絵本は小さい組の子には難しかったようで、大きめの子にはなかなか楽しんでもらえました。

「ぴょーん」は絵本を上げ下げしつつの上演で、これがいちばんうけました(^^)

「でんしゃにのって」は次々に電車に乗ってくる生き物が、どんな風に座るかを言い当てながら楽しんでくれました。

chocoさんの言うように、「持ちネタ」が豊富にあるといいなと思います。場数を踏むのも大切ですね。

朝一番から声を張り上げてのおはなし会で、もうその日のエネルギーを使い果たしたかのような一日でした・・・(^^)/
 

選ぶ

 投稿者:choco  投稿日:2008年12月 7日(日)23時28分7秒
  当日にどんな年齢層の子ども達が参加してくれるか判らないのは大変ですよね。
ある程度予測して、気合を入れて用意するとはずれてしまったり(ToT)
どんな時にも慌てずに、色んな手が持てるようになりたいです。

〇蛍さん
「じごくのそうべえ」は、おもしろいのに…ポカーンとされると辛いですね。
いろんな年齢層の子が来るときは、どこで合わすか本当に難しいです(><)
 

じごくの~

 投稿者:  投稿日:2008年12月 7日(日)18時48分44秒
  先日、あるイベントで、大型紙芝居の「じごくのそうべえ」をやりました。
どんな年齢層の参加があるかは当日じゃないとわからず、事前のネタ探しも不安でしたが、ふたを開けてみると、やはり少々難しかった。大きい子はニタリニタリとの表情が窺えましたが、小さい子はポカーン・・・・。青空イベントは難しいですね・・・
 

パソコン

 投稿者:  投稿日:2008年11月20日(木)19時41分20秒
  パソコンが壊れました・・・。
しばらく更新できません
 

new!!

 投稿者:choco  投稿日:2008年11月13日(木)09時57分9秒
  携帯を新しく買い換えました(^^)
今までとは違う操作方法に、使いこなせず四苦八苦しています。
でも、音楽を聴いたり、ちょこっとゲームができたりして
ちょっと楽しいです。

〇蛍さん
どこかの分室のぱそこんのように、もくもくと雲が出てきたりして(ToT)
妖しいものが飛び出る前に、買い換えてnew!!にしてしまいましょう(^^)/
 

ぱそこん

 投稿者:  投稿日:2008年11月10日(月)19時58分41秒
  パソコンが壊れつつあります。画面から何かが出てきそうな妖しさが・・・  

縞模様の

 投稿者:  投稿日:2008年10月28日(火)18時13分56秒
  縞模様・・・はそういえば書きましたね(^^)

市内に1冊のみ所蔵しております(^^)/
 

戦争の本

 投稿者:choco  投稿日:2008年10月28日(火)08時37分7秒
  みなさん戦争の本を読んでらっしゃるのですね。
実は最近まで、児童書ではファンタジー意外はすごく苦手でした。
お説教くさそうな気がして…(--)
でも実際に読んでみると、今の子ども達の環境や戦争の事を
押し付けがましくないように、自分で考えられるように書いてあるものも多く、
なるべく読むようにしています。本当は子ども達に読んでもらいたいので
子ども達にもすすめたりできる様になりたいです。

〇まめこさん
『戦争があったこと、その事実から目をそらしてはいけないというメッセージを受け取りました。』との事に納得しました。ついラストの出来事にばかりが気になって、この本の
メッセージに気づかない所でした。やっぱり掲示板に書き込んでよかったです。

〇蛍さん
『縞模様のパジャマの少年』は、もしかして以前掲示板に書き込んでくださった
本のことでしょうか?また、読んでみます(^^)/
 

私も

 投稿者:  投稿日:2008年10月24日(金)19時39分15秒
  『縞模様のパジャマの少年』もおススメします!!  

』ジャック・デロシュの日記』

 投稿者:まめこ  投稿日:2008年10月21日(火)22時21分12秒
  『ジャック・デロシュの日記』読みました。
ドイツナチス、ホロコーストのことを書いた本はいろいろあるけれど、そのなかでもこの本はとても衝撃的でした。
悲惨な戦争のなかにも希望はあるというのでなく、戦後何十年もたっても悲惨さは変わらないということに気づかされました。
読んだあと重く暗くなるばかりと思っていましたが、戦争があったこと、その事実から目をそらしてはいけないというメッセージを受け取りました。
最近読んだ戦争の本・・・読んでみてください。
  『アントン』エリザベート・ツェラー作
  『ヒットラーのカナリヤ』サンディー・トクスヴィク作
  『ヒトラーのはじめたゲーム』アンドレア・ウォーレン作
 

読書会・その2

 投稿者:choco  投稿日:2008年10月10日(金)09時23分13秒
  この間は児童書を読む成人読書会でした。
テキストは『雨ふり花さいた』(末吉暁子/偕成社)でした。
東北地方に旅行に行った主人公の小学生の女の子が、
座敷わらしを助ける事になり、自分のルーツも探すことになる。
という内容でした。
登場人物も魅力的で、読後感も良くなかなか好評でした。

その頃『ジャック・デロシュの日記』(ジャン・モラ/岩崎書店)
を読みました。拒食症の主人公が、偶然亡くなった祖母の隠してきた
秘密を知ってしまい…という内容でした。
最後の主人公の決断は受け入れるのが難しく、自分は良くない大人かも(--)と
考えてしまいました。ぜひ皆さんの意見も聞いてみたい!と
読書会のテキストにしようと思ったら、枚方市の図書館には1冊しかありませんでした。
たくさん必要とは思わないので、納得したのですが、
どなたか読まれたら、感想をお聞かせ下さいm(_ _)m
 

読書会

 投稿者:choco  投稿日:2008年 9月26日(金)09時13分51秒
  先日、担当していた絵本の読書会が終わりました。
テーマは、「片山健の絵本」でした。
テキストの中では『7日だけのローリー』(学研)が好評でした。
片山健さんの絵は、力強くノビノビとした感じが独特だと思うのですが、
ストーリーは身近で、毎日の生活に近いものが多く
静かに沁みて来るような気がしました。
 

運動会

 投稿者:choco  投稿日:2008年 9月11日(木)20時15分30秒
  やっと(^^)夏休みも終わり、普段の生活が
戻ってきましたね。
運動会の練習も始まっているのか、分室にも音楽が聞こえてきます。

そんな中でも子ども達は元気いっぱい。(><)
意外にたくさんの子ども達が来てくれています。
元気いっぱいで、疲れ知らずでうらやましい!!です。
 

夏休み終了

 投稿者:  投稿日:2008年 8月31日(日)18時57分1秒
  やっと(?)夏休みも終わりましたね(^^)
日々送られてくる予約に「夏」を感じていました・・・
詳しい雰囲気はまた日誌を楽しみにしています(0*0)/

自動車文庫の夏はかなり厳しいものでした・・・メタボ対策にはいいかも・・・
基本的に2週間に一度しか行かないので、積み込む本はピンポイント。大当たりすることもあれが、大はずれのことも。過去のデータを元にして積み込んでは行くのですが、こればかりはなかなか・・・・・・

読書の秋の分室は、どんな風になりそうでしょうか?
 

モディリアーニ

 投稿者:  投稿日:2008年 8月16日(土)18時53分1秒
  大阪市内の美術館で開催されている、モディリアーニ展に足を運びました。※もちろん招待券です(^^)

独特の画風でなかなかな楽しめましたが、お盆ということもあってか、結構な人出で、ゆっくりと鑑賞するというわけにはいかずに残念でした。

週に一回ほど、自動車文庫に乗って出かけるようになり、家に帰ると2キロほどやせています。しかし、ビールの量がふだんの倍に増えるために、1日でリバウンドするという状況です。あはははは。
 

おはなしじゅずつなぎ

 投稿者:choco  投稿日:2008年 8月 2日(土)21時20分36秒
   今日は、おはなしのグループの方が来られて『おはなしじゅずつなぎ』での
おはなし会でした。おはなし2つに大型絵本や長~い絵本など、いつもよりも
ちょっとスペシャルなおはなし会でした。いつもの常連さん達は里帰りなどで
少なかったものの、今日のおはなし会に合わせて来てくれた家族連れも多く、
にぎやかなおはなし会になりました。小学生は「うーん(-_-)」と、
参加してくれず…おはなしを聞くのは小学生の方がぴったりだと思うのですが
なかなか上手くはいかないものですね。
 

夏休み

 投稿者:がんばれタイガース  投稿日:2008年 7月26日(土)07時16分5秒
   夏休みにはいって、ふだんあまり、分室に来られない子供達も来てくれて、ゆっくり過ごしています。子供は、どうして、すっみこがすきなんでしょうか。本を書架に戻そうと、かかえていくと、子供達が
すわっていて,Uターン。カウンターの回りの子供には、おばちゃん本が、いっぱいやなあといわれてしまいます。でも、子供達が、きてくれるのは、うれしいです。ただ、水筒のわすれものが、続くのが、なやみのたね、1つ解決したら、また1つ、いたちごっこ、目を配っているのですが・・・
 この間、伊丹市立美術館に「こどものとも」絵本原画展を見に行ってきました。16作品でしたが、やはり、「原画っていいな」、こいでやすこさんの「もりのひなまつり」がすてきでした。
 でも、さいしょに、「おふろやさん」の原画を、ぎゃくから、みて
いて、終わりの方で、「はんたいからみてたわ」ときがつく、はずかしいことも。
 

おはなし会

 投稿者:まめこ  投稿日:2008年 7月16日(水)21時57分47秒
  きょうは小学校へおはなし会にいってきました。
3年生2クラスです。
この小学校には1年から3年に年5回ずつおはなし会にいっているので、3年生にもなると、おはなしのききかたがとてもじょうずです。
先生も楽しくきいてくださるので語るほうも楽しいです。
きょうは
・おはなし:クルミわりのケイト
・おはなし:こすずめのぼうけん
・てあそび:でんでんむし♪
・えほん:「せかいでいちばんおおきなうち」
・えほん:「くさる」
午後になると、下校がはやかったこともあって3年生がたくさんきてくれ、おはなし会の本を次々に借りてくれました。
こんなふうに、こどもたちがすぐに本をみにきてくれるのは、身近に図書館があるからですね。おはなし会でのあれこれをこどもたちが話してくれたり質問してくれたりすると、分室の存在の大きさを感じます。

こどもたちだけではありません。
おかあさんたちもこどもからおはなし会のことをきいて、紹介した本を借りてくださいます。
先日はちいさな子のおはなし会で紹介した「ととけっこう よがあけた」の“ととけっこう”をこどもがよく歌っていると話してくださったおかあさんがいました。
こんな話がきけるのも分室ならでは・・・と思います。
利用してくださるおかあさんやこどもたちとこんな話ができるとわたしはとても幸せです。
 

小さな子のおはなし会

 投稿者:choco  投稿日:2008年 7月10日(木)23時26分57秒
  先週、無事に小さな子達のおはなし会が終わりました。
内容は、
 ・手遊び「ここはとうちゃんにんどころ」
 ・絵本「あなたはだあれ」(瀬川康男・絵/童心社)
 ・絵本「あーいいきもち」(こどものとも0.1.2)
  ここで、絵本と同じようにやさいをお水にちゃぽんと
 してあげました。とても楽しそうに何回もお水につける子ども達(^^)
 ・手遊び「やさい」(まめこさんありがとうございまいした!)
 ・ミニ工作「七夕の短冊」と、「笹飾り・ちょうちん」

水につけた野菜は、畑で取れたばかりのを相方さんが持ってきてくださいました。
ちょうちんは、画用紙に指で絵の具をスタンプして柄をつけて作りました。
1歳から2歳の子達でしたが、楽しそうに参加してくれました。
初めての方もいて、また来てくださるといいなと、思います。
 

朝コーヒー

 投稿者:  投稿日:2008年 7月 1日(火)19時33分25秒
  chocoさん

我が家の朝は和食洋食さまざまですが、食後のコーヒーはアイスコーヒーです(^^)
水だしコーヒーは、どうもうまく作れた試しがありません・・・豆のせいかな?


サンダーバード1号さん

HPの件もそうですが、声を上げることは大切ですよ。私も一市民として意見を出すことがあります。


まめこさん

来週、小学校6年生にお話会に行きます。まだ出し物は決まっていませんが、10分程度・・・何をしてもいいと相方にいわれているのですが(^^)
 

夏のてあそび

 投稿者:まめこ  投稿日:2008年 6月30日(月)13時42分48秒
  chocoさん
わたしは7月になるとよくやさいのてあそびをします。
トマトはトントントン、キャベツはキャッキャッキャッ・・・
夏はトマトもきゅうりもかぼちゃもみんなおいしいですもの。
そしてやさいの絵本をよみます。
ちいさい子にもよくわかるやさいの絵本はいろいろあります。
こぐま社の「やさいだいすき」 福音館の「やさい」 「こどものとも0,1,2、2005年9月号はっぱのなかでみいつけた」とかね。

それから、「ひまわり」和歌山静子さんの… よんで、ちいさなにわをよくならして…のてあそびをすることもあります。「ひまわり」はひとつぶのひまわりのたねが大きくなっていくようすを“どんどこ”ということばだけであらわしています。
絵もことばも力強い! 以前幼稚園でよんだとき、途中からこどもたちからもどんどこどんどこという声がでて、わたしがこどもたちから力をもらったと感じたことがありました。

夏になるとうちのこどもたちが幼稚園の時歌っていた歌を思い出します。
  なつはどうしてたのしいか すきなものいってみよう
  すいか かもめ ・・・・・・♪♪ う~ん わすれた 最後は うなどん でした。
 

ご無沙汰してます

 投稿者:サンダーバード1号  投稿日:2008年 6月29日(日)16時02分58秒
  ほんとに久しぶりです
自分の名前を忘れかけてました
これでよかったっけ?

昨日、枚方市のHPを見ると
最初のページに図書館の蔵書検索へ直接いけるようになっていました
分室会議でも発言が出てたし、HPのご意見募集にも書き込んだのが効を奏したのか
やはり、声を出すのはいいことなんだろうと一人納得しています
いろんなこと(あれもこれもあれも・・・・・)も、もっと市民として声を出すことも必要かも。
陰でごちゃごちゃ言ってるだけでなく・・ね。
なーんて、タイミングとかいろいろあってむずかしいんですけど・
それだけですまないことも多いし↓

先週から夫が出張で、娘も遅いことが多くて私一人でいいもの作って食べてます
そうすると、心に決めた休肝日がなかなか守れない!
ストレスためてるよりいいかあ、と自分に言い訳しつつ飲んでしまっています
(来月の健康診断がこ・恐い)
 

おいしい食べ物

 投稿者:choco  投稿日:2008年 6月28日(土)23時54分42秒
  〇蛍さん
風邪なのに、すき焼き、お寿司とは、すごい食欲ですね。
でも、食べないと治るものも治りませんよね(^^)

夏のおいしい食べ物といえば「冷たい」がキーワードですね。
ご飯を用意する側としては、あまり火を使わない様にしたいなぁと、
思ってしまいます。わたしはコーヒー党なので今年は水出しコーヒーポットを
買って、毎日せっせと作っては飲んでいます。

来週は小さな子達のお話し会なので、何か夏のおいしい食べ物の絵本でも
読んでみたいです。何かいい絵本はないでしょうか(^^;)
それから、夏にぴったりの手遊びってどなたかご存じないですか?
 

久々に

 投稿者:  投稿日:2008年 6月27日(金)19時24分25秒
  2005年の夏以来の大風邪をひいて寝込んでしまいました(m_m)

寝込んだものの食欲はあって、すき焼き、お寿司、メロン(^^)などと、わがままが通ったもので、身体は弱ったものの体重は増えてしまいました。でも、風邪のときの食事はあまりおいしくありませんね。

病み上がりの今日は自動車文庫の乗務で、たっぷりと汗をかき、家に戻ると2キロもやせていました(^^)/ワーイワーイ!

ところで最近、分室からの寄贈図書の整理依頼が多いですね。見計らいで納品する冊数も少ないし、寄贈図書で少しでも蔵書を補強しようというところでしょうか。速やかに整理をして送り返せればいいのですが、なかなかそうもいかずすみません・・・。

さてさて、もうすぐ7月。夏の食べ物といえば、スイカ、冷やし素麺、冷麺、冷や奴、枝豆・・・数え上げればきりがないのですが、とりあえずキンキンに冷えたビールをください、ということでしょうか(^0^)
 

レンタル掲示板
/2