teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おさあさエリザベート

 投稿者:嗚呼  投稿日:2011年10月30日(日)00時03分26秒
返信・引用
  おさあさエリザなんて日がこようとは…



実はまだ自体が飲み込めず

初日前だってのに
そちらで心臓がドキドキしていて
朝から変なテンションでしたドキドキ




きっと
2007年6月から始まった男役としてのおさあさへの別れ?は
来年のおさちゃんシシイの初日に完成すのかも知れない

なーんてことを考えたり
 
 

こっそりアンナ初日のつぶやき

 投稿者:ぎん  投稿日:2011年 1月23日(日)13時16分3秒
返信・引用
  初日、
作品的に期待薄く{/m_0199/}
友人知人らの参加も少なく{/m_0200/}
テンション低~く行って参りました


が{/m_0207/}



作品としては
結構好きな方かもしれません{/m_0150/}{/m_0150/}{/m_0150/}

ワタクシ的には
エリザより芝居として楽しめたのも◎


初めてのクリエは
劇場はとしては狭く
構造的にはかなり息苦しかったが
作品的にはよいかも




とりあえず初見の感想{/m_0235/}


一幕後半
ちょっともたつきがあったり
(演出というより主役の方たちの演技的に{/m_0159/})(あわわ)
終演後、
SJファンの感想は
ドレス姿やら何やらで余り芳しくはなかったけど{/m_0207/}
音楽や脚本的には佳作



周りの役者さん達がなかなか面白かったので
もう一度観ちゃおうかな、という気に{/m_0145/}{/m_0145/}{/m_0145/}



とりあえず主要5役


◎カレーニン
アンナ夫の山路さんは前半はおさえめで?で、
かつアンナ兄貴と同じく小柄な方なので
上背がもーすこしあったらと思わずにはいられませんでしたが{/m_0162/}

後半、不器用な男が素敵{/m_0150/}で、
世のご婦人方の共感得そうな役柄



ヅカの貴城さんカレーニンほど二枚目然としてはいなかったし
仕事一筋で優秀ではあるが
愛情表現に不器用な暗い人物造形だったけれど
出番の割に存在感があり印象的



途中、狸御殿{/m_0209/}を思い出して
なんか変な気分{/m_0198/}






◎キティ&役名失念
キティ遠野さんと相手役の(役名×o×)葛山さん{/m_0151/}{/m_0151/}{/m_0151/}


二人は役所もよいとは思いますが、
演技的にも明快↑
彼らをもう一度みたいって気持ち{/m_0244/}が

お気に入りハートx2



チェーホフの《森の人》{/m_0103/}には感じられにくい現実的な未来が、
こっぱずかしく言うなら希望芽
彼等には感じられる


だからこそ、アンナとヴィロンスキーとの対照になるのだと



現時点では対照以上の出来で、
ミュージカルの王道、
実質このカップルが我等観客=凡人たちの
共感をかっさらう{/m_0087/}






◎アンナとヴィロンスキー

で逆に共感得にくい役柄の主役二人



まずヴィロンスキーは、とにかく若い!

そしてロシア系の貴族というより
南米の血気盛んなアンチャン風だー

ルドルフ同様
{/m_0081/}東欧の貴族階級ってより
今の時点では{/m_0001/}南国の好青年



こちらの勝手なimageは
ロシア貴族の退廃・倦怠・知性…

東京後半にはそんな影の部分もみたいっす





さてさてアンナ

ウフッ!?

たくましい胸板
ゆれる健康的な二の腕
まだまだ努力中の女性としての歌唱は
とりあえずおいて置くとして{/m_0206/}






またもや

{/m_0146/}なぜか恋が出来ないのー

(唄っちゃおう{/m_0155/}


なぜだ{/m_0158/}

なぜだ{/m_0160/}

なぜなんだ~{/m_0159/}


恋がしたい{/m_0136/}
じゃなかった


恋してるように見えないのー{/m_0210/}





^皿^

ヴィロンスキーとは、兄弟とは
いわないまでも

二人の出会いの瞬間{/m_0005/}が
恋に落ちた瞬間が解らず

何より逢瀬を重ねる時に色気が感じられないのが{/m_0202/}



男役時代
あんなにあったはずの色気{/m_0203/}
は今やいづこ…




後半病んで行く過程は熱演だひ
魂感じます


なのでぜひ一月、二月、三月と
再演を重ねる度に深めて行ってほしいな


再演、あるなら5年後位にならみたいかも







あれから一年

あの時は想像できなかった一年後


こちらも前にた進めたかな{/m_0230/}{/m_0230/}{/m_0230/}








◎おまけ

ヴィロンスキーの友人役の方、
今一部で話題?の長谷川君風で暗い色気もあるし
優男風だったけどスタイルもいいし
フェンシング姿もよくて
むしろ個人的にはヴィロンスキーimageに近かったかも^▽^




知人のN君
なかなかのご活躍{/m_0063/}
張り切ってました










教条主義者
ドグマティスト
 

(無題)

 投稿者:める  投稿日:2010年10月28日(木)17時34分3秒
返信・引用
  いえいえ。こちらこそ、神出鬼没でf^_^

今日は、麻子シシィ&城田トートの楽だったようですねキラキラ
 

こちらでしたかTдT

 投稿者:ぎん  投稿日:2010年10月20日(水)10時28分39秒
返信・引用
  mixiとばかり思いこんでいました´Д`´Д`´Д`

ほうったらかしですみません
また後ほど~
 

東宝エリザ

 投稿者:める  投稿日:2010年 9月29日(水)10時50分39秒
返信・引用
  宝塚退団後、はじめてみる瀬奈じゅんでありました

エリザベート。。有る意味、予想できているのですが、やはり遠征の興奮もあって
期待度がマックスになっていたところ。

見る前に、美伊、なっちゃん、そしてぎんちゃんの話を聞いていたら
冷静になってきた(笑)
でも、それで正解でしたよ!
楽しめましたから!

東宝版は、去年も博多ザでみていたから(コムもかなめも)
演出は、あまりかわらないなぁと。
ヅカ版に比べると、主役がエリザなんで、詳しくなっているはずけど
わかりにくくもなっているかなぁと感じるのはなぜかしら

やはり、ルキーニが、じゃまなのかしら(苦笑)

娘時代は、かわいらしく、たぶん鬘も改善されているとおもいます。
して、陛下と出会い、結婚するときもすごく可愛いシシィなんですね
大らかで優しそうな禅フランツと結婚できるの、うれしそう。
(アサコ本人が、付き合うなら、こういう大人なタイプの男性が好みなのかもと
考えてしまうほど(汗)
だからか、結婚して、いろいろツライって怒っているけど、禅陛下の
手のひらの上で遊ばれている感じが否めない。。

2幕の悲壮感も、ヅカシシィのときのほうが、迫力あったような・・
なので、石丸トートとの愛は、最後までみえませんでした
これが、城田トートだったら、変わってみえたのでしょうか。。

石丸さんは、文句なく歌うまいし、声がいいから、耳に心地よい。
けど、挙動不審。。
カッコイイのか、そうじゃないのか、わからない。
巷で言われているようにフランツのほうが、合うのかもしれませんねー。

と、まぁ、無難な?感想でしたが。

実は、わたくし、最初、あさこが 出てきただけで、うるっ!
二幕も、随所で、うるっ。

娘を見守る親の気分になったのか、エリザゆえかわかりませぬが・・・・

う~~。。ん

これは、アンナカレーニナのほうが、見がいがあるかもしれませぬよ。
アサコにとっては、理解できない役でしょうから(笑)
 

レンタル掲示板
/47